Content

Redmine サーバーまたはクラウドか:それが問題です

Redmineサーバーとクラウドソリューション、どちらを選ぶか。多くの機関が抱える、なかなか決めがたい問題です。そして最終決定はいつも誰かが教えてくれるものではありません。

最終的にあなたのビジネスを良い方向へ導く手段を決断する前に、ごく少数の要因も考慮するべきでしょう。- コストから始まり、様々な機能やパフォーマンス、またセキュリティ問題に至るまで -個人用に関して、選択は、はるかに簡単です-数年前から既に、クラウドソリューションは個人、また小さなベンチャー企業の両方に推奨されている選択となっています。

以下の文章では、私たちのテクノロジーとEasy Redmineを最高のプロジェクトマネージメントソリューションにするための取組みを、簡単にご紹介していきたいと思います。まだ迷っている方々の為に、あなたの鍵となるの要望を基に、早く決断ができるよう、よくある事例をポジティブ・ネガティブ両方の視点からお伝えしていきます。

セルフホストRedmine(サーバー)ソリューション

私たちが提供するもの

Webアプリケーションに注力している企業として、アプリなどをホストする為に必要なものを深く理解しています。現在のサポートの一環として、セルフホストソリューションにおける複雑なオペレーションをできる限りシンプルにする試みを行っています。私達が何百人ものユニークなサーバー様と歩んできたこの10年数年間、ほぼ普遍的に役立つツールやマニュアルを数多く生み出しリリースしてきました。

バーチャライゼーション(仮想化)

これは、私達のサーバーソリューション事業発足時から描いていたステップでした。私達のアプリケーションを最終的にインストールする前にかかる、全ての設置条件を満たす環境を準備する手間をなくし、お客様に完全な”サーバー”をダウンロードするオプションをご提供します。それは、VMwareやVirtual Boxと互換性のあるバーチャルマシーン(VM)で、動作を開始する準備か備わったアプリケーションを含んでいます。従って、高速かつ、かなり少ない労力でそのアプリケーションを搭載することができます。

私たちは、いくつかの無料体験版VMをRedmineコミュニティー向けにリリースしています。一つは何もないRedmine用、もう一つは、自社の無料拡張機能付Redmineです。(Easy Gantt, Easy WBS)

Redmineインストーラー

これがリリースされてすぐに、Redmineインストーラーは今日まで最も利用されているツールとなっています。アプリケーションを直接サーバーにインストールすることを選択をした場合、このツールで他の一般的な手段よりも、はるかに簡単にインストールすることができます。特定のフォルダ形式で何個ものインスタレーションパッケージを取得したり、いくつものサーバーコマンドを稼働させる等、沢山のマニュアル順序を踏む必要はありません。ここには、基本設定とインスタレーションや移行を自動的に実行するウィザードがあります。このため、エラーの可能性を最小限に抑えることができます。

Redmineインストーラーは、手間を取らずにソフトウェア更新をインストールするために、私達のVMsになくてはならないものです。

Redmineサーバー

前にもお伝えした通り、私たちのアプリケーションはあらゆる種類のシステムに頼っています。これはいたって普通のことで、今私たちは集積技術の時代を生きています。適切な依存関係を保つ為に、サーバーにある重要なコンポーネントをチェックするとてもシンプルなツールを考案してきました。整理整頓されたステータスやコンポーネント一覧の結果、管理者はシンプルなコマンドを実行するだけでよいのです。このような情報は管理者だけでなく、最終的にはお客様が私達に頼った場合、修正の為のより良い指示をご提供できるサポートスタッフにとっても価値があります。

マニュアルとガイドライン

サーバー環境はとんでもない規模の多種多様なジャングルと言えます。全ての部分を完璧に同期し続ける為には、大量の経験と継続した最新技術に関する知識の更新が求められます。私達のアプリケーションに関する最も重要な設定やコンポーネントに向けて、定期的なサーバーメンテナンスで管理者を助けるマニュアルとガイドラインを公開しています。

それには、インスタレーションマニュアル、Rubyアップデート、サーバー設定、便利なコマンド又は一般的なサーバーエラー等が含まれています。

Redmineサーバーの限界

柔軟なサポート

私達は、お客様に価値のある情報や、セルフホストアプリケーションがスムーズに稼働するためのツールをできる限りベストを尽くしてご提供していますが、私達が直接お客様たちの環境をコントロールすることはできません。それは、私達はサーバーを直接修理することはできないという意味でもあります。または、サーバーで発生する多様なエラーの原因を見つけることができない為、サポートを提供する際に推測することしかできないという状況に陥ります。

管理者によるリモートサーバーサポートは有料サービスでご利用可能です。しかしながら、クラウドソリューションに比べると常に解決に要する時間は長くなります。これは、単純に顧客サーバーへのアクセスを提供する前に準備が必要だからです。それは次のような点につながります:

アクセス制限と問題

ほとんど場合、お客様がサーバーサポートに連絡をしても、彼らが直接サーバーにアクセスする事ができなく、TeamViewer等のアプリケーションを介してリモートコントロールセッションを提供することもできません。アクセスがないよりはましですが、直接的なアクセス(SSH)とリモートコントロールツールを使った時を比べると、明らかに柔軟性や解決時間において劣っている事が私達の経験から明らかになっています。-ホスティングコンピューター、タイムラグ、お客様がコンピューターを使用した際の制御不能等の問題に関わっています。SSHアクセスに比べると解決時間は最大50%遅くなるとされています。

スケジュール

サーバー管理者への要望は、提供よりもはるかに大きく、冷たい困難な状況です。サーバーサポートも例外ではありません。このような単純な理由から、サーバーサポートは前もってスケジュールされていなければなりません。その為、完全に問題を解決する為には十分な時間を確保しなくてはいけません。

これは唯一、アクセス手段がリモートコントロールのみで、お客様の管理者がその場にいなければいけない場合に特に当てはまります。お客様がSSHアクセスを私達に提供する場合、こういった問題は少し小さくなります。-私達の管理者が直ちに修理をはじめ、お客様の管理者と合う必要はありません。

バグレポート照会

全てのサーバー環境が異なるというのは、あまり一般的ではありません。非常に多くの設定オプションがあるため、二つ同一のサーバーを持つのは不可能だとお考えになるでしょう、多くの場合これが、お客様から寄せられた、バグとされる特定の動作を社内でシミュレーションできない理由です。

私達のアプリケーションを稼働させるのに必要なサービスが推奨設定と異なる設定だった場合、必ずしも間違っているわけではありませんが、その設定までたどるのが難しいという問題をアプリケーション上で引き起こす可能性があります。

無料サインアップ

クレジットカード使用不可.インストール不要.義務なし

Redmineクラウドソリューション

技術的には、エンドユーザーにとってサーバーでもクラウドでも大きな違いはありません。今でもブラウザで開くウェブアプリケーションです。サービスの観点からは、解決策はそのように似てはいません。

サーバーソリューションでは部分的にアプリの為の作業もしなくてはいけませんーアプリとサーバー環境を維持するために多少リソースを費やす必要があります。クラウドの場合、あなたがすることはビジネスをゴールに達成させるために、アプリ上の作業に集中することです。Redmineクラウドは、私たちが”道具小屋”を管理する間、あなたのビジネスを運営していきます。

私たちが提供するもの

最適な設定

この分野における、サーバー基盤と無尽蔵の革新的で、革命的なイノベーションによる豊富な経験、アプリケーション要件に関する深い知識とともに、私達のクラウドが私達のソフトウェアが最高のパフォーマンスができるよう、適切な構成を提供することを保証します。

IT業界が目の前で日々変わっている中、私達は究極に完璧な構成は存在しないという事に気づいています。だからこそ、最高付加価値のトレンドに合わせて、ベストプラクティスと独自の技術でクラウドを管理しています。

Redmineグローバルクラウド

私達のデータセンターは既に世界中あらゆる地域から信頼できる利用可能性とアクセス性を提供するために、すべての大陸(南極以外)に広がっています。私達は新しいデータセンターを引き続き増やしていく方向です。全てのデータセンターは、最高標準のアプリケーションホスティングに準拠しています。

現在のデータセンターロケーション:

  • ヨーロッパ
    • フランス
    • チェコ共和国
    • ロシア (モスクワ)
  • 北アメリカ-カナダ
  • 南アメリカ-ブラジル
  • アジア
    • シンガポール
    • 日本
  • オーストリア-シドニー
  • アフリカ-南アフリカ共和国

* 2017年9月現在

世界中のデータセンターが高い安全性と早いパフォーマンスを提供します。

ヨーロッパとカナダにおけるOVHホスティング

SOC2 Easy Cloud iso27001 Easy Cloud

Amazon AWS in アジア & 南アメリカ

SOC3 Easy Cloud iso27001 Easy Cloud

どこで私達のサーバーを見つけることができますか?事実上どこでも。

Redmine Global Cloud map

Redmineグローバルクラウドマップ

柔軟性

クラウドアプリケーションはサーバーソリューションよりもより一般に広がってきています。これは、顧客へのコスト削減になるため良い点です。しかし、Redmineクラウドでは、基本的なクラウドの欠点を排除する独自のカスタマイズ可能サービスを提供しています。

その一つの例に、カスタマードメインでアプリケーションを稼働させることです。例えば、アプリケーションに標準ドメインcompany.easyproject.comを使う代わりに、projects.company.com.が使えます。

私達が提供するもう一つのサービスは、安全なSFPTロケーションでアクセス可能なアプリケーションからの定期的な全データ・バックアップです。これは、ほとんどのクラウドソリューションにおいて普通のことではありません。

クラウドソリューションのカスタマイズの需要がより高まるなら、私達は歓迎します。

Redmineプライベートクラウド(専用サーバー)

クラウドサービスの頂点であるプライベートクラウドは、サーバーとクラウドの両方のソリューションの最大の利点を兼ね備える一方、この2つの最も重大な欠点も排除します。

一方で、あなたのアプリケーションがアプリケーション専用の別サーバー上で稼働しています。そこでは、あなたのニーズに適した技術サービスに囲まれています。その一方で、アプリケーションの“良好”状態への懸念とあなたの組織でこの目的の為にチームを運ぶ必要はありません。

サポート

サーバーの所でもお話したように、サーバーアプリケーションの場合、問題解決が少し複雑なケースがあります。しかしクラウドでは、あなたから報告された問題に直接、そして専門的なアプローチがいつも可能になります。それは、オペレーターがその問題を初めにテストすることができるからです。その為、私達は素早くあなたの要望にお答えすることができます。

さらに、私たちの最先端のインシデントモニタリング技術は24時間365日完全持続されるため、エンドユーザーが気づく前に大部分のエラーを防ぐことができます。ユーザーによって発見されたエラーは既に私達の献身的な専門家チームが対応しています。

外部サービスに致命的な障害が発生した場合、回復までの時間は3時間以内ですーアプリケーションは新しいサーバーで実行されます。

Redmineクラウドソリューションの限界

アプリケーション制御

インフラストラクチャ、ソースコード、サーバープロセスなど、アプリケーションのバックエンドは完全に私たちの管理下にあります - 顧客がソリューションのこの部分を管理することはできません。プライベートクラウドの場合、顧客は発言することはできますが、直接処理することはしません。

セキュリティーポリシー

言うまでもなく、Redmineクラウドは高い水準とすべての立法方針に従ってユーザーデータを保護します。それにもかかわらず、内部の規則、規制地域での法規制またはその他の規則のために、データを外部の当事者が処理することを許可していない組織があります。しかし、これはかなりレアなケースです。

当社のデータによると、これらの制限を直接影響を受けているのは、すべての顧客の内約10%にすぎません。

どう選択するか?

サーバーにするかクラウドにするかという重要な決断を助けるために、あなたの最優先事項を確認し、諸要素から除外したいくつかの変数を紐解いていくために一連の質問を用意しました。

このガイドは基本的に前の文章を要約していますが他にもより高い水準も加えてあります。

問題#1-ウェブアプリケーションをセルフホストできるリソースがあるか

明確なところから始める-信頼できるサーバー基盤、熟練したサーバー管理者そして、ソフトウェア準備のためにより深く進んでいく

  • アプリケーションを管理するための新しい従業員を雇う必要があるか?
  • 自分の技術者がこの種類のアプリケーションにさらなる訓練を必要とするか?
  • 新しいサーバーを購入する必要があるか?
  • オペレーティングシステムを更新/変更する必要はあるか?
  • アプリケーションをインストールできるようにするには、どれくらいのコンポーネントを導入/更新しなくてはいけないか

信頼できるウェブアプリケーションを実行するために、現在のサーバーテクノロジーについていく事は、一見するよりも要求が厳しい事があります。

問題#2-セルフホスティングの費用は?

クラウドでは、いわゆるSaaS(Software as a Service)に対してのみ料金を支払っていますが、サーバーソリューションでは追加のコストが発生します。アプリケーションの価格だけでなく、メンテナンス、ハードウェア、または技術トレーニングのための内部コストもかかります。あなたのアプリケーション予算がそのようなオーバーヘッドの準備ができていない場合、あなたを不快に驚かせることでしょう...そしてあなたの上司もまたそうでしょう。

セルフホストアプリケーションを準備する場合はこのことをよく覚えておいてください。最終的に、思っていたよりも経費の対照をすることで決断を簡単に下すことができます。

問題#3-どんなサポートを期待しているか

応答時間は両方のソリューションで似ていますが、クラウド上の時間とは対照的に、サーバー上のいくつかの問題が数週間で解決される可能性があるという客観的な理由があります。

統計的には、中〜高レベルの複雑な問題の解決時間は、クラウドよりもサーバーソリューションの方が遅くなります。これは、サポート担当者が問題に直接アクセスできず、報告された動作を再現できない可能性があるためです。

結論

オプションがあるなら、ソフトウェアユーザーの大多数が、完璧で、手間のかからない、プラグ&プレイソリューションのクラウドを選ぶのは当たり前のことです。個人やほとんどの企業にとって、それはもはや決断でもありませんーただ早くクラウドを始め、あなたのチームに紹介し、新しいアプリの力を借りてあなたのビジネスコアに集中し続けることです。

クラウドソリューションが不可能なことは常にいくつかありますが、サーバーソリューションの業者からしかし、2つのうち、より要望が多く効果なものが残ります。

Additional information

無料版 best
performance
を試す

Redmineアップグレード完全版を試す。
すべてのプラグインが一つのソリューションに入っています。
That's Easy Redmine 10.

フリートライアルの開始

トライアルを申し込む。30日間無料

無料&フル機能のトライアル SSL認定 日次バックアップ

若しくは