Content

Redmineでプロジェクトの作業内訳-なぜするの?

作業分解の組み立てをスキップしてタスクを計画に割り当てると、見た目は魅力的ですが、この計画を導入する際、あなたはがっかりするでしょう。

作業分解(又は、プロジェクト分解)の組み立てに時間を割く事で、初期段階から終了までプロジェクト全体を通して効率の良い作業が可能になります。

プロジェクト管理の内訳は、チーム作業を一つ一つ管理できるくらい小さく分解することが鍵となります。これに必要なのは、たった一つのツールのみです。- WBS (作業内訳構造)

作業分割構成とは実際にどんなものか?(WBS)

WBSの働きはプロジェクトをより小さな成果物にかえる階層的分割メゾットを基にしています。プロジェクトは、今日ますます一般に広がっていて、効果的なマインドマッピング手法と同様の論理的な順序で計画できます。

プロジェクトをサブプロジェクトやサブタスクに分解し、理論構造をより重視して、素早く計画を立てることがでます。

Easy Redmine 2018 - WBS

Easy Redmine 2018 - WBS

Redmineプロジェクト分割による利益とは?

作業分割構成を使用することで、タスクをより細かい単位で認識することができます。作業パッケージ、つまりタスクやサブタスクがある場合、明確に認識することが可能です。

  • より正確な時間と予算見積の制作
  • プロジェクト範囲の予想
  • リスクの特定と制限
  • より強力なプロジェクト経過の管理
  • より正確な計画を制作
  • スケール変化の影響をよりよく理解する
  • 予定されているプロジェクトの予算見積を使う
  • 未来のWBSメゾット導入に影響を与える

Easy Redmine 2018 - WBS

Easy Redmine 2018 - WBS

WBSの欠点と課題とは?

多くの利点がある傍ら、WBSを適切に使用していない為に、起こる可能性のあるいくつかの問題に気づいておくことも大切なことです。

細かいことで行き詰らない

詳細な結果は効率性をもたらしますが、あまりに細かすぎると、ただ時間の無駄になったり、必要のないリソース消費をもたらす結果となるでしょう。適切な詳細レベルはチームと相談するのがベストでしょう。

Easy Redmine 2018 - WBS

Easy Redmine 2018 - WBS

チームの原動力を高める

WBSは、チームを適切な状態に保ち、すべてのメンバーの参加を促す能力が必要となるチームアクティビティです。メンバーの一人が考えを共有する理由を感じない場合、重要な情報を失う可能性があります。

計画としてWBSで作業する

WBSは、プロジェクトの目標を達成するために必要な詳細情報を提供します。計画やタイムテーブルではなく、利害関係者とシェアできるプロジェクトの視覚的表現方法です。

Easy Redmine 2018 - WBS

Easy Redmine 2018 - WBS

より詳しい情報は、Technical informationをご覧ください。

Additional information

無料版 best
performance
を試す

Redmineアップグレード完全版を試す。
すべてのプラグインが一つのソリューションに入っています。
That's Easy Redmine 10.

フリートライアルの開始

トライアルを申し込む。30日間無料

無料&フル機能のトライアル SSL認定 日次バックアップ

若しくは