Content

Redmine原価内訳構造(CBS)ープロジェクト財務を視覚的に管理

プロジェクト財務が視覚化できる事をご存知でしたか?お気軽にEasy Redmine 2018.1.3のCBS-原価内訳構造をお試しください。CBSで、素早く作業分割構造(WBS)の最下層部の費用を確認、そして分配をして頂くことができます。

Redmine CBSとは

CBSは、下請業者によるすべての作業、またサービスを含んだ作業分割構成(WBS)の様々な要素の分割を表しています。継続的に予算と実費を比較し、経理管理システムと統合するために使用されます。

使用を始めるには、WBS モジュールの“予算”ボタンを押すだけです。すぐにプロジェクトやタスクの利益、収入また全ての費用を確認することができます。WBSとCBSを手動で切り替える必要はありません-二つの機能は一つのモジュールに統合されています。

Easy RedmineプロジェクトでCBSを使う為には、WBSと予算プラグインの両方をインストールする必要があります。そして、特定のプロジェクトでそれらを有効にしてください。

Easy Redmine 2018 - CBS - Cost Breakdown Structure - legend

Easy Redmine 2018 - CBS - 原価内訳構造 - 凡例

 

無料トライアルを始める

クレジットカード必要なし、インストール不要、義務なし

Redmine CBSのカスタマイズ可能な凡例と通貨

全てのWBS財務はプロジェクト予算データを基にしており、計画や事業の収入/支出、そして人件費があります。このプラグインは、特にプロジェクト計画時や予算設定の段階、進行中のプロジェクト財務のモニタリングに役立ちます。プロジェクトのWBSを開くだけで、何のタスクやサブプロジェクトにコストがかかっているか、直ぐに確認できます。

迅速な視覚的洞察を可能にするため、プラス、マイナス、中間の予算バランスをハイライトする凡例もお使いいただけます。さらに、簡単に様々な通貨への切り替えが可能です。マインドマップから確認する必要のある特定の財務データ(実質利益、計画利益、総費用、総計画費用、実収入、そして計画収入)を選択し予算を表示することができます。

原価内訳構造を終了する際、簡単に各プロジェクトやタスクの全予算が確認できる、マップ全域を印刷できます。(又はPDFに変換できます)

Easy Redmine 2018 - CBS - Cost Breakdown Structure - print

Easy Redmine 2018 - CBS - 原価内訳構造 - 印刷

Redmine CBSのメリットを享受できる人

原価内訳構造は、クライアントへ請求される価格を正当化し、販売元と生産元に責任をたせるのに役立ちます。クライアントが商品、サービス、またはパッケージの合計金額が正確にわからない場合、個々の要素コストを見て推定することができます。

合計金額がどのように分類されるかを知ることは、価格を比較し、より良い料金を交渉する上でも有益です。販売元や生産元もCBSを使い、クライアントに全ての料金を請求した事を確認できます。さらに、企業と消費者の双方が価格変動の具体的な理由を特定できます。

Easy Redmine 2018 - CBS - Cost Breakdown Structure - budget of project

Easy Redmine 2018 - CBS - 原価内訳構造 -プロジェクト予算

Redmine CBS機能について詳しく知りたい方は、特集記事掲示板をご覧ください。

Additional information

無料版 best
performance
を試す

Redmineアップグレード完全版を試す。
すべてのプラグインが一つのソリューションに入っています。
That's Easy Redmine 10.

フリートライアルの開始

トライアルを申し込む。30日間無料

無料&フル機能のトライアル SSL認定 日次バックアップ

若しくは