Content

 

Redmineクラウドホスティング

あなたの地域で、あっという間に準備完了、最速、100%使用可能&安全。

無料トライアルを開始

 

 

Easy Redmine 2018 hosting

進化したEasy Redmineを内蔵

Redmine hosting with top speed and security

最速&安定した接続を保証

Redmine hosting in Global Cloud

あなたの地域で、準備は数秒で完了

Best security Redmine hosting

SSL&毎日のバックアップによる最高のセキュリティ

 

あなたのRedmineをグローバルクラウドに移行する理由

  • 99.9%長期間使用可能
  • 暗号化アクセス、データそしてバックアップ
  • 多様な地域で毎日のバックアップ
  • RAID1ミラーリング&バックアップ機器を備えた冗長ハードウェア
  • 常に保証されたデータ伝達
  • 2ファクター認証

日本の会社

REDMINEプラグイン・センター - 日本の会社

Redmineホスティングとの比較

 Redmine hostings
その他の Redmine
ホスティング
Easy Redmine Hosting
Easy Redmine
ホスティング
SSL保護+バックアップ
毎日のバックアップ
進化したEasy Redmine搭載
Redmineアップデート搭載
保証された1時間復旧
あなたの地域でホストされている(最大速度%接続性)
数秒で使用準備完了

無料トライアルを開始

 最も人気のあるRedmineのフィーチャーを、一度のアップグレードですべて手に入れることができます。

Easy Redmine 2019は、包括的で拡張性の高いRedmineのアップグレードです新しいモバイルデザイン、そして最も人気のあるプラグインとフィーチャー で、プロジェクト・マネージメントがより一層楽しく、コミュニケーションやユーザー・エクスペリエンスが改善され、時間を節約することが可能になります。Resources、Agile、Finances、DevOps、CRM、Help Deskなどのプラグインでさらに拡張性が増します。

簡単なセットアップ - icon

簡単なセットアップ

あらかじめ設定されたロールとダッシュボードのおかげで、Redmineのセットアップが簡単になります。

カスタム可能 - icon

カスタム可能

ダッシュボード、高度な設定、そしてテンプレートで簡単にカスタムできます。

早くて、安全 - icon

早くて、安全

グローバル・クラウドとサーバー・ソリューションがベスト・パフォーマンスを保証します。

ビルトイン - icon

ビルトイン

強化されたAPI、XML、そしてXLSxのインポート、そしてZapier(ザッピアー)が統合を容易にします。

 

Easy RedmineによるRedmineグローバルクラウドの機能

 

ログイン

セキュリティー問題はユーザー自身から始まります。私達はあなたのデータを守る事ができることを嬉しく思いますが、あなたの協力が必要なのは確かです。

私達は、ほとんどのクライアントの方々が熟知しているとは思いますが、以下のアク ションを行っていただくことをおすすめします。

  • 個人ログインの権限を各ユーザー設定する
  • パスワードは誰にもシェアしない–特にオンライン上では
  • パスワード設定を行うときに以下のルールに従って行う
    • 11文字以上
    • 最低でも1年に一回はパスワード変更を行う
    • 古いパスワードの”再利用”をしない
    • ユーザーネームとパスワードに同じテキストを使うのを避ける
  • ユーザーアカウントが当人によって停止された事を確認する
  • 古いパスワードやAPIキーが危険にさらされたと感じたら、新しく再設定する
  • 権限がその人自身によって変えられた事を確認する。メールやチャットを利用して確認はしない。

Easy Software製品には、定期的にユーザーのパスワードを強制変更するオプションがあります(7つの期間から1つを選んで頂けます)。それだけでは終わりません。 ユーザーが必要なパスワードの長さを設定し、クライアントのニーズに合わせてパスワードを設定できるオプションを追加しました。

考慮されたのはそれだけれはありません。 さらに高いレベルのセキュリティを実現するために、2ファクター認証システムも近々 サポートされる予定です。 LDAP とOpenIDは問題なくスムーズなアクセス実現のために統合することができます。

 

ストレージスペース

何千人ものクライアントを持つことで、全てのクライアントがメガバイト不足に悩まされないように、ストレージスペースでの全体的な使用状況を観察することができました。 クライアントには全アプリケーションに50GB のストレージスペースが提供されます。

しかし、しっかりと全てのクライアントを考慮したいと考えています。 より大きなサイズのファイルを保存したい場合、是非アカウント管理者( このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)にメールまたは、御連絡下さい。私達のチームはいつでもあなたのお力になれることを嬉しく思っています。

 

バックアップ

誰も予測できないことを予測することはできません。それにおいては、私達も他の企業と変わりません。どんなに問題が発生するという事実を受け入れたとしてもーそしてリスクの大きさに関わらず。データの到達範囲については後述しますが、最初に、クライアントのデータが決して削除されないことを保証するためのプロセスを確立する必要があります。

互いに離れた場所にあるデータセンターに働きかけることで、すべてのバックアップを常に複数の場所に保存することもできます。これは自然災害からの大きな予防策になり、私たちのホスティングが失敗しないことを確実にするためのさらなるステップを表しています。

バックアップは最初の2日間は、2時間毎に記録され、その後、一日一回になります。必要な場合、クライアントがロールバックを行う事ができるオプションを提供することは重要です。その為、これらのバックアップは作成されてから2か月間保存されます。

バックアップは転送中やディスクに保存されている間共に、暗号化されています。

 

データリーチ

全ては繋がっています。システム全体は最も弱いリンクと同じくらいの強度しかなく、私達もそれをよく心得ています。短時間でクライアントを稼働させることができなければ、すべてのバックアップと約束には意味がありません。大きな問題が発生した場合は、私達のサーバー管理者がプロセスを開始してから15分以内にデータベース自体をアップロードすることができます。できる限り実用的なアプリケーションを提供することが、私達にとって重要なため、同時にファイルを別々にアップロードします。クライアントの全ファイルを移動するのにかかる時間は全体のサイズにもよりますが、数分で可能です。10GBのファイルを移動させるためにかかる時間は約15分です。

99.9%長期稼働時間は定期的に達成しています。

 

フェイルオーバー

誤動作した部分のハードウェアをすばやく交換できることは、クライアントの継続性を確保する上で他と同じくらい重要です。データはRAID 1ミラーリング・ストレージノードで2つのディスクに保存されます アプリケーションは少なくとも1つのディスクがある限り稼働し続けます。

予防策はそれほど多くないと感じているため、私たちはさらに一歩踏み出しました。私たちの持つ全てのマシンには、もう一つバックアップとして機能するものがあります。何らかの不具合が発生した場合、サーバーは直ちにもうひとつのサーバーによってバックアップされ、さらに前者は速やかに交換されます。

 

データプライバシー

アプリケーションへのユーザーアクセスは、システム内で設定されている権限によって制限されます。私達の製品のこの部分は、適切なプロジェクト管理行う為に必須な部分であるため、非常に複雑にできています。 クロスサイトスクリプティング(XSS)は必要に応じて阻止され、残りは記載している許可によって処理されます。

データベースが暗号化されたディスクに保存されている間、アプリケーションへの アクセスはすべてトンネリングプロトコル(SSL)を経由します。SSH-2暗号化はバックアップ転送に使用されます。

HTTPおよびHTTPSアクセスのみが、当社のファイアウォールシステムを通過できます。すべてのHTTPリクエストはただちにHTTPSにリダイレクトされます。

 

永続的なサポート&メンテナンス

クラウドホスティングのクライアントの方は+420 312 313 671 にて、24/7 Easy クラウド ホットラインをご利用頂けます。こちらのホットラインは、アプリケーションがダウンした方や利用できなくなった等の緊急を要するお客様専用となっています。ユーザーサポートやご相談はこちらの番号では受け付けておりません。

言うまでもなく、すべてのアプリケーションは常にモニターされており、何らかの問題が発生した場合には即時レポートが生成されます。これにより、エンドユーザーに影響を与えることなく、大部分の問題を解決できます。

このようなモニターはアプリケーションに限ったことではありません。全てのハードウェアがいつも管理下にあります。 アプリケーションの応答時間が長くなる前に、パフォーマンスの更新を提案できるという事は多くのクライアントにとってとても重要なことです。全てのクライアントに最適な構成を作成するためです。

これらのサービスは、初期設定と継続的な管理と共に、プライベートクラウドの標準価格に含まれています。価格ページをご覧になるか、アカウント管理からより沢山の情報をリクエスト頂けます。

 

適応性

私達は常に、製品とサービスの両方において適応性を追い求めています。Redmine Private Cloudのホスティングを選択された場合、そのホスティングをどのように修正できるか検証してみてください。

過去に、VPNを要求されたことが何度かありました。しかし、このようなクライアントの方々と何度か相談を重ねると、それがより多くの用法をもたらすことはないという事でいつも意見が一致しています。それは、既にHTTPがより効果的に同じ目的を果たしているからです。それでもまだ、いくつかのケースにおいて、厳しい要求が現れるかもしれないということは承知しています。そのため、このサービスはRedmineプライベートクラウドにて提供されるでしょう。より多くの情報をチェックしてください!

 

GDPR(EU一般データ保護規則

  • 上記で説明したように、データセキュリティはGDPRの要件と推奨事項に十分に準拠しています。
  • EasyソフトウェアはEasyソフトウェアのクライアントデータを管理しないという事に注意してください。従って、私達のチーム&状況によって、Easyソフトウェア製品に収集されたデータの段階でGDPRに準拠することがあります。これに違反すると、直ちにサービス停止となる可能性があります。
  • Easyソフトウェア製品は、GDPRの要求に応じて、依頼があれば、データを制限、消去、または削除するためのすべてのツールをユーザーに提供します。
  • Easyソフトウェアが正式な要求に応じてデータを制限、消去、削除を余儀なくされる可能性があることをご了承ください。Easyソフトウェアの方針は、私達がデータに直接変更を加えることを余儀なくされる前に、クライアントに必要なアクションを行ってもらうための、十分な時間を提供する事です。

 

データセンター

  • 複数のハイエンド・データセンター、以下の説明をすべて満たすパラメーター
  • すべてのデータセンターは適切な認定を受けています。
  • 自然災害による永久的な被害を防ぐために、地理的に距離のあるデータセンター
  • 有刺鉄線、監視&セキュリティシステムの設置
  • アクセス制限、システム点検&現場での年中無休ヒューマンプレゼンス
  • 2つの分かれた電力供給、2つのネットワーク接続&ネットワークルーム

 

施設のセキュリティ

これらの機能を侵害しようとする試みは非常に予想外のことですが、クライアントのデータが常に安全であることを確認することが私たちの義務であると考えています。データセンターへのすべてのアクセスポイントは厳重に監視されており、敷地内のあら ゆる境界は有刺鉄線フェンスを使用して保護されています。これは、ビデオ監視および動き検出システムとともに、侵入を防ぐ設計にされています。セキュリティーチームが年中無休で、適切に安全を保証するために、テクノロジー設定をサポートします。

スタッフは厳しいセキュリティー手続きに従わなければいけません。全ての従業員は、アクセスの制限や許可、またセキュリティードアを通る前に必要となるRFIDタグを受け取ります。アクセス権は定期的に見直されます。

 

電気供給およびネットワーク

2台の独立した電力装置がデータセンターに電力を供給し、UPS-無停電電力装置(1装置当たり250 kVA)とサーバーが常にアクセスできているか確かめるために48時間の初期自治権が備わった発電機によるバックアップを装備しています。一部のサーバー領域は、2つの電源供給と2つのネットワークカードを備えているため、下部構造が端から端まで二重化されていることを確認できます。

光ファイバネットワークは、社内のエンジニアチームによってインストールおよび維持されている最先端技術によって世界中に展開されています。また、失敗や重大な問題のリスクを排除するために、複数のセキュリティ対策が講じられていて、完全に冗長な方法でネットワークを構築することも選択されました。このような冗長性により、クライアントのデータは最短経路をたどり、全体的な応答時間を著しく短縮することができます。

プロバイダの機能停止による問題を防ぐために、各データセンター内で少なくとも2つの分かれたネットワーク接続が維持されます。同じ目的を果たすために、互いに引き継ぎができる2つのネットワークルームもあります。

 

認証

データセンターのデータを安全に保つ機能の証明として、クライアントが複数の認証を必要としていることは当然のことです。 当社のデータセンターが保持している認定リストは次のとおりです。

  • PCI DSS Level 1
  • ISO/IEC 27001:2013
  • SOC 1 Type II and SOC 2 Type II
  • クラウド・セキュリティ・アライアンス(CSA)STAR自己評価

 

さらに

熱と火は常に高性能技術の天敵でした。全ての部屋に直ぐに火を検知して消火するシステムを完備 することで、トラブル回避をすることが重要です。全てのデータセンターは、APSAD R4規則やN4準拠認定に準拠しています。

ほとんどのホスティングルームにはエアコンがなく、代わりにウォータークーラーが設置されてました。このシステムは放出された熱の70%のを放散し、残りを空冷が担当します。これにより、エネルギーコスト削減につながり、、より環境に優しい仕事を生み出します。

トライアルを申し込む。30日間無料

無料&フル機能のトライアル SSL認定 日次バックアップ

若しくは